ゆうりの日常

イラストレーターであり絵本作家でもあり、シンプリストでもある。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

絵本関係

【ビターちゃんのふしぎなカフェ】絵本4作目の制作は大詰めです

11月30日に、ビターちゃんの絵本2作目が発売になりました。 ゾクゾクと買ってくれた方からの「買ったよー」という声をいただいていて、嬉しい限りです。 まだまだ発売したばかりで在庫は残っているので、絵柄が好きだなぁって思ってくれた方、なんか知らない…

【ビターちゃんふしぎなカフェ】絵本2冊目、発売になりました!1冊目も絶賛発売中!

本日よりビターちゃんのふしぎなカフェの2冊目「ビターちゃんのふしぎなカフェ2はいめ しょうらいの夢」が発売になりました。 今作は、やりたいことが見つからない女の子がビターちゃんに出会います。 www.yurimani.xyz 前作ももちろん自信作ですが、それを…

オリラボマーケット主催「クリエイターズマーケットvol.1」に参加します

今年から利用させていただいているオリラボマーケットさん。 初めてのリアルイベントを開催するようで、参加クリエイターの方の応募をTwitterで行っているのを見かけました。 そこで、チャンスだと思い私も応募をさせていただきました。 そこから数日後。 オ…

承認欲求、ほとんどなくなりました

絵本作家としてデビューしてからというわけではないのですが、最近少しずつ自分の中での感覚が変わってきました。 昔はクリエイターの特徴というべき「承認欲求」が旺盛でした。 認められたい、いいねが欲しい、フォローが欲しいという数字に追われるような…

ビターちゃんの絵本2作目、発売日が決定しました!

ビターちゃんの絵本の2作目を入稿してから、修正を重ねていき何とか発売まで進めることができました。 そして発売日が決定しました。 ビターちゃんの絵本の2作目、発売日は11月30日です。 絵本2作目はじっくりと作った作品 文芸社さんのアドバイスを受けて …

【絵本作家が語る】絵の個性、もっともっと出していってほしいと思う

夫婦で話しているとき、「最近の絵は全部同じに見える。もっと個性があったほうがいい」とボソッと言っていたのを聞いていました。 私の家族は絵に関しては素人です。 その素人が言っている言葉はとても客観的に見ているなって思うんです。 確かに最近SNSを…

言葉を使って、目標を達成させる

言霊は確実に存在します。 良いことも悪いことも、全部口に出した言霊によって現実になっています。 私はそう感じています。 高校受験の時「なんかわかんないけど、ここは受かる。そう思う」とか思ってて、実際に合格したっていう経験、誰しもあると思います…

作品制作については「お客様の立場になって考えた」瞬間に負けです

販売業や営業に関してよく言われるのが「お客様の立場になってものを考えなさい」ということですね。 お客様が何を求めていて、何に困っているのかを考えてそれを提供しなさいと、いうのが営業の基本みたいに言われますよね。 もちろんこれは間違ってないと…

絵本作家がどう思っているのか、どういう風に考えて仕事をしているのかを積極的に発信する

私が知る限り、作家さんはあまりどう考えているのかを積極的に発信されている人は多くないと思います。 どういう風に仕事をしているのか等は、インタビューとかで情報が出てくることはあると思いますが、作者本人が自身のプラットフォームで発信されているの…

ビターちゃんの1作目の絵本、好評です

プロ絵本作家としてデビューしてから3ヶ月弱経ちました。 新人作家ですが、たくさんの方に手にとってもらうことができました。 そして、手にとってくれた方からの感想をもらうことも多くあります。 もらった感想はどれでも嬉しいものばかりで、とても好評な…

【絵本作家】月とハロウィン、1枚絵の制作

四季の連作で秋の絵は完成していて、アップしています。 www.yurimani.xyz 4枚の連作は、実は全部完成しています。 冬の絵は12月アップ予定、春は3月ごろにアップ予定です。 4枚を描き終えて次に何を描こうかなって考えていた時、お月見やハロウィンを描いて…

【絵本作家】イラストレーターとしての需要がほとんどなかった

私がイラストレーターとして走り始めたのは2019年。 そこから絵の依頼を受けたりしながら絵を描き続けていましたけど、あまり多く依頼を受けることができませんでした。 細々と依頼は受けていましたけどね。 それでも2年間くらいは続けました。 が、自分の成…

シリーズ第2弾絵本が形になりそうなので、新しい目標として3000部売ります!

ビターちゃんのふしぎなカフェは、第2弾絵本をなんとか形にすることができそうです。 これが発売までこぎつけることができたなら、シリーズを刊行したいという目標は達成させることができます。 なので、次の目標に移行していこうと思います。 一つの目標と…

ビターちゃん絵本2冊目、データの入稿を終えました

ビターちゃんの絵本「ビターちゃんのふしぎなカフェ」シリーズの2冊目の入稿を、今日行いました。 ここからデータを確認してもらい、修正や挿絵の差し替えなどの調整を重ねていく作業を行っていきます。 現状4作目の作成を行っていますが、おもった以上に進…

この世は、真面目な人が報われない!だったらやりたいようにやろう

昔、AKB48の勢いがまだ残っていた時渡辺麻友さんがこう言っていました。 「AKBは真面目は人ほど報われない」 AKBという大所帯のアイドルは、ある意味で社会の縮図だと思うんです。 この世の中も、真面目な人ほど報われづらいと思います。 コツコツ人間であっ…

私が今、絵本にこだわり絵本作家を続けたいと思っている理由

私は、昔から絵を描くことが好きなただの子どもでした。 でも昔からうまかったわけではなく、保育園の時には保育園児が描くような粗末な絵しか描けていませんでした。 それが小学校中学校でいきなり開花し、賞をもらうまでに一気に成長しました。 私がいきな…

絵本における文章構成の考え方

絵本においての文章は、絵では補えない物語を紡いでくれる大事な存在です。 その一方で、絵で表現する部分も多くなるためあえて説明しないように削ることも必要になってきます。 絵と文章のバランスを考えながら文章を書かないといけないのです。 その為、小…

絵本として、意図的にやってること

絵本は、漫画以上に考えることが多く、頭をフルに使いながら制作をします。 メインターゲットが子どもであることで、表現として適切なのか、絵がわかりにくくないか等、意識しないといけないんです。 その中で、私が絵本の絵の中で意図的にやっていることが…

四季の連作「紅葉樹の散歩」が完成しました

ビターちゃんの四季の連作として制作していた秋の絵「紅葉樹の散歩」が完成し、Twitterには10月1日にアップしました。 秋の絵を描くのは多分初めてなので、少し気合を入れて描いてます笑 なので、夏の時には3日くらいかけて描いたところを秋に関しては4日以…

誕生日を迎えたので、1年の目標を書く

今日10月9日は私の誕生日です。 年齢は公表していないので書きませんが、わりといい大人です笑 いつになっても誕生日というのは特別なものがありますよね。 年齢が一つ上がるわけですしね。 さて、また一つ歳を取ったということなので目標でも書こうと思いま…

10月1日から製作開始した4作目の絵本、実は物語はほぼできあがってしまった件

9月の最終週、3作目の絵本の制作が終わってからお休み期間を設けました。 なので4作目の制作には行かず、連作の絵を描きながら好きなように生きていました笑 そして10月1日、4作目の制作を開始しました。 ですが物語はほぼ完成して、ページ分割も終わり、1枚…

【絵本作家の想い】私が絵本でやりたこと

絵本の一般的なターゲット層は子どもです。 もしくは、子どもを育てるお母さんたちです。 子どもに読み聞かせても大丈夫かどうかを確認して、良さそうなら手に取っていきます。 でも今は、少しだけ違います。 絵本のターゲット層は、大人も含まれます。 大人…

私は、実体験で物語ができない絵本作家

作家によっては、実体験を作品に反映させる人も多くいます。 ですが、私は自分の体験をほとんど作品に使用してはいません。 もちろん、考え方やメッセージは思ってもないことは描けないので、そこはそのまま私の体験が含まれています。 物語に関しては、私が…

【絵本作家が語る】記憶の中のコレクション

絵本作家の一番の喜びは何かなと考えてみました。 そしたら、やっぱり「記憶に残る作品を作ること」だと思いました。 漫画も記憶に残る作品はたくさんありますし、小説もしかりです。 でも絵本って、子どもの時に最初に読む本なので、大事な時期に触れるもの…

同キャラを同じクオリティで描く凄さについての話

Twitterのスペースで話していた時のことです。 はじめましての方とお話しする機会があり、その中で絵についての会話になりました。 その時「同じキャラクターを同じように描く力ってすごいと思う」と言われました。 これ、絵師だと当たり前にできると思って…

ビターちゃん長編絵本3作目、ほぼ完成しました

ビターちゃんの長編絵本、3作目に関してはほぼ完成しました。 7月ごろから制作を始めてから約3か月。 悩みながらもなんとかここまで作ることができました。 この作品を世に出すのはかなり先になると思いますが、それでも待っててくれる人がいいるので本とし…

今の仕事量で収入を増やしたい

会社にいた時の3分の2くらいの仕事量しか、今はしていません。 なんせ「絵本製作に全力で、ちょこちょこブログ書いているだけの人」ですから笑 それしかやってる仕事がないので、当たり前ですけど仕事はほとんどしてないんですよね。 仕事量としては仕事して…

絵本が売れても売れずとも

プロになってから1ヶ月ちょっと。 嬉しいことに買ってくれた方からの感想をもらえることもあります。 とはいえまだまだ新人作家。 キセキレベルのミラクルが起こらない限りは、一気に売れるといったことはありません。 ジワジワと売れていくだけです。 それ…

様々な形の絵本作家

絵本作家になってから、他の絵本作家さんの活動がよく目につくようになりました。 どんな形であれ、絵本を世に出し、それが評価されている環境はすごいですよね。 一昔前なら出版社に持ち込み、色んなダメ出しを受けながら1冊が完成して本屋さんに並ぶってい…

同人作家から商業作家になったワケ

同人作家という道は、誰でも作家になることができる近道です。 でも私はそれを選ばず、商業作家になりました。 どっちが良い悪いではなく、私は商業作家でありたいと思ったのでそっちを選択しました。 商業作家であっても同人作家であっても、どっちにしても…