ゆうりの日常

フリーライター、イラスト制作ブロガー、シンプリスト。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

世にも奇妙な物語について話します

f:id:redberry072169:20171124221420j:plain今日は私の好きな作品を紹介しようかなと思います。とはいってもかなり有名な作品ですけど、世にも奇妙な物語の作品の中でも人気投票は確か12位だった(と思った)雪山という作品です。

 

写真のものは個人の私物ですね。ジャケットボロボロですけどね(笑)収録されてる作品の中でもチェスも結構好きですけど、ホラータッチで見応えがあります。というのもこのDVDにはディレクターズカット版が収録されてるんです。

 

というのもこの作品、世にも奇妙な物語の話の中でも一番怖いと思います!!!

 

なんといっても初めて観たときは軽くトラウマになりましたし、意味が分からなかったしですごく怖かったんです(今では理解できますけどね)理解できたとしても何回観ても怖いは怖いんですけどね(笑)

 

作品は事故で飛行機が雪山に落ちたところから始まります。生き残ったのは美佐、麻里、結城、真辺、山内の5人だけです。その中でも麻里は足にけがをしていて動けない状態です。

 

その場にいても仕方がないので5人は歩き出すわけですけど、麻里は足のけがのせいで置いてきぼりをされそうになります。美佐は連れていくと言ってきかないので5人で歩くんですけど、結局途中で麻里はあるけなくなり、仕方なく雪を掘って穴を作り、そこの麻里を入れることにするんです。

 

かならず迎えに来ると約束をして4人は歩きだし、小さな小屋を見つけます。4人はそこに身を置くことになるんですけど、小屋の中にいるのに寒さが変わらないので火をつけるとかするんですが寒さは和らがない。

 

そして4人は眠くなってくるんですけど、全員で寝たらダメなので部屋の隅にそれぞれいるので5分おきに順番に起こすようにして寝るんですけどね、ここが怖いところなんですよね。

 

まぁこの辺の話は有名なのであえて話しませんけど、これがある意味この雪山っていう作品のとにかく怖いところですね。

 

私はそもそもこういうホラーテイストな作品はすごく好きて、昔から観てるんですけど、やっぱいいですね!観たことある人が多いと思うんですけど、観てない人はぜひ観てみてください。

 

ラストはとにかく怖いですよ。というか色んなものの伏線が回収されるんですけど、回収されない部分もあって、それが想像力を掻き立てられて恐怖を倍増させてくれます。そこもこの作品のいいところだと思います。

 

まぁこのDVDに入ってる作品はどれもおすすめなんですけど、それ以外だと、鏡子さんとか懲役30日とかいいですね(全部怖い系)。懲役30日は実際あったら本人の体感的にはかなりきついし、現実の期間は30日でも苦痛ですよね。

 

なんせ現実世界は5分ですけど、本人は30日経ったって思ってるわけです。しかもその本人の体感の30日はは現実世界のわけではないので体感の30日を何回も経験しないといけないんです。

 

なんせ30日は現実世界で計算するわけですからね。あれは経験したくないですね。今年も春と秋に放送されてましたけど、最近はDVD化されないので今放送されるのは保存必須だと思いますよ!