ゆうりの日常

フリーライター、イラスト制作ブロガー、シンプリスト。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

仮面ライダービルドを考察

先週で1クール分が終わった仮面ライダービルドですが、ここで少し考察してみようと思います。

 

まず、仮面ライダークローズの登場がありました。毎年大体1クールちょっとで2号ライダーが登場しますけど、今回は少し早い感じもありますかね。まぁでも仮面ライダードライブの時が大体これくらいだった気がするので最近はそうなんですかね。

 

というかそもそも今回の2号ライダーは1話から登場してる龍我ですからね。なんだったら最初のシーンからの登場なので妥当な長さだった気がします。ただ、公式の画像では結構早い段階からビルドとクローズが写った画像が公開されていただけに2か月半くらいは引っ張った感じですね。

 

今の段階での仮面ライダービルドはなかなか面白いと思います。前作の仮面ライダーエグゼイドはなかなかドラマパートが厚い作品だっただけに今作のビルドはどうかなと思ってましたけど、エグゼイドにはまった人には少し違うかもしれません。

 

話が繋がって面白いっていう部分は似てる気がしますけど、ビルドは1話1話の密度が濃い感じがして一気に観たときにどう感じるかなって感じがあります。ただ、ライダー好きならむしろ受け入れやすいかもしれないなと思います。

 

これから細かいキャラクターの掘り下げ回があると思うのでそこでどう繋げるかなって感じはしてます。今はまだキャラクターがそこに存在してる意味があまり見えてこないので少しキャラクターがふわふわしてる感じがある感じがしてます。

 

その意味が見えてきたときに本当の面白さが出てくるんじゃないかと思ってます。まぁでもまだ12話くらいしかやってないのでこれからですね。永夢は確固たる意志があってそこに存在してました。

 

戦兎はこれから自分を知っていく過程になります。巧を殺害したのは誰なのか、殺された巧は本当に巧なのか、スタークは誰なのか、敵に裏切り者として捨てられた沢さんはこれかどうしていくのか、美空がなぜ戦兎と一緒にいるのか、外に出ない理由の一片は出ましたけど、まだまだ謎が多いです。

 

ナイトローグ、幻徳の目的は何か、スタークの目的は何か、というかスタークとナイトローグが今敵対してますけど、これからどうなるんでしょうね?共闘するのかそれぞれが別々に目的を果たそうとするのか。ビルド側につくのかつかないのかも気になるところです(私だけ?)。

 

まだまだ目が離せないですね!