ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー、シンプリスト。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

新作投稿:浴衣

f:id:redberry072169:20180929080458j:plain

洋服を描くことが多いので今回は和服を描きたくて描きました。

 

イメージとしては「和服+天女のように飛ぶ」です。

髪の毛の陰影

洋服はしわになるところに陰影を描きこむことで表現ができるので比較的描き込みやすいんですが、髪の毛の陰影はどうしても描きにくい所があって苦手なのです。

 

その為、毎回苦労します。

 

今回は、ぼかしで髪の毛全体に白を入れました。髪の毛に関しては試行錯誤がいつもなんですけど、どれが一番自分に合ったやり方なのかは髪の毛の塗り方が一番の模索かもしれないですね。

昔から描いてた真ん中分けの前髪

昔からキャラクターを描くときは前髪は真ん中分けの髪の毛を描くことがほとんどだったので、今回は久しぶりに描いてみました。

 

描き慣れているからか、結構髪の毛は苦労しなかったです。

線画の色

線画の色は茶色系で描くことが多く、最近はずっと茶系なんですけど、今回は少し茶色だとわかるくらいの色にしました。

 

線画レイヤーの上に新規にレイヤーを作成し、クリッピングしておいて、色んな色に塗ってみてから一番しっくりくるのが茶色だったんです。

 

ただ、ところどころ線画の色を変えて馴染ませるのもありだと思いました。

陰影の描き方が少し荒かった

若干描いてみて思うのは、「陰影の描き方が荒い」ということです。

 

陰影を描きこむのはいいのですが、そもそも描き方が荒いと全体的に違和感が出てしまうなぁって思いました。

 

なので、陰影の描き方はやっぱりまだまだ練習が必要が必要だな、と思いました。

 

もしかしたら私の絵は陰影をほとんど描かない方がキレイになるのかもしれないですね。ただ、まったく描かないのもと思うので、少しずつ練習していこうとは思います。

ジャンルによって描き方が変わるので模索

ソシャゲなどで使うイラストの場合は、かなり描き込みが必要になりますし、特殊効果を表現しないといけないことがあるので、陰影はしっかりと勉強する必要があります。

 

ただ、それが絵本とかになると描き揉み過ぎると絵だけが浮いてしまうことになります。なので、描き込みはそこまで多くなくても問題ありません。

 

イラストはジャンルによって描き込み方が変わってきます。

 

ちびキャラは使用されるジャンルが限られるので、その中での自分の絵のポジションを模索してきたいと思います。

その他関連記事

その他にもこんな記事を書いています。

良ければ合わせて読んでみてください。

 

surfaceタブレットなどの記事

redberry072169.hatenablog.com

redberry072169.hatenablog.com

健康に関しての記事

redberry072169.hatenablog.com

redberry072169.hatenablog.com