ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー、シンプリスト。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

【食欲の秋】本来の意味は弱った身体を回復させること

f:id:redberry072169:20181031233527j:plain

食欲の秋ってよく言いますね。

 

私にとっては芸術の秋なわけですけど、食欲の秋を食べられるだけ食べても良いって思っている人もいるかもしれないので、ちょっと調べてみました。

体力を回復させるという意味

秋は色んな食べ物が旬を迎えるので食べ物がおいしい季節なので、ついつい食べてしまう、というのも間違ってはいません。

 

ただ、秋に食べ物を食べるのは夏中に弱った身体を回復させるための意味もあります。

 

食欲がなくてなかなか食べる事ができなかった夏の間の分を秋に食べることで回復させることが「食欲の秋」のもう一つの意味ですね。

食べ過ぎないように一食に抑える

食べ過ぎると太ってしまう原因にもなるので、そうならない為にも必要な栄養をしっかりととって食べる回数を減らすと楽です。

redberry072169.hatenablog.com

一日三食は健康に良いとされていますが、私は食べる事が負担になるので必要な栄養以上は食べないようにしています。

胃腸を休ませる

お昼に食べてから夜に食べないことで胃腸を休ませて消化を良くすると、排便が良くなるので便秘の解消になり、調子も良くなります。

 

食べる時間が短くなると胃腸は休めなくなるので、常に動かないといけません。そうなると体的にはしんどいのかなって思います。

 

プチ断食みたいなものなので、食べるときと食べない時のメリハリが大事なのかなと思いますよ。

redberry072169.hatenablog.com