ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー。ちびキャラをメインに制作しています。絵に関しての記事書いています。特撮オタクなので特撮記事も多く書きます。

【ウルトラマン】ウルトラマンルーブBlu-ray1巻発売記念で内容を紹介!

f:id:redberry072169:20181024211516j:plain

ついに現在放送中のウルトラマンルーブBlu-rayの1巻が発売されました。

 

本放送は終盤で、全ての謎が明かされようとしていますが、改めて前半戦を観るのは予習としても良いですし、改めてウルトラマンルーブの魅力を発見するいい機会になります。

redberry072169.hatenablog.com

Blu-rayの内容

f:id:redberry072169:20181124182825j:plain

まずこちらがパッケージの表面です。

 

1巻の表紙はウルトラマンロッソフレイムが飾っています。背景が炎になっていて、とてもかっこいいですね。

f:id:redberry072169:20181124183012j:plain

そしてこちらが裏面です。

 

ウルトラマンブルアクアが写っています。こちらは水が背景に書かれていて良いですね。

 

収録内容は1話~13話までで、愛染マコトがチェレーザに取りつかれた存在であることがわかり、ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツが登場するくらいまでが描かれます。

ウルトラマンのBlu-rayではお決まり

ウルトラマンのBlu-rayでは毎回必ずメイキング映像が特典として収録されるのですが、それは今回もしっかりと収録されています。

 

ただ、1話あたりのメイキング映像が短いこともあるので、物足りない感じがすることもあるかもしれません。

 

さらに今回は湊家のファミリートークも収録されているので、キャストトークとしては見応えがあるかもしれないですね。

 

特典のボリュームは人によって「もっと欲しい」という意見や「これくらいがちょうどいい」などわかれる事もあるので、どれくらいの満足感なのかは買って観てほしい所です。

redberry072169.hatenablog.com

ウルトラマンはメイキングも作品の良さ

f:id:redberry072169:20181108220459j:plain

作品の裏側みたいなものが観れるメイキングは、ウルトラマンとう作品の一つの楽しみ方の一つで、さらにその作品をより面白くするためのスパイスなので、大きな特徴だと思います。

 

仮面ライダーは裏側を見せてくれることはないので、ある意味ウルトラマンだけのBlu-rayの良さだと思います。

 

どうやって作品ができているのかを知りつつ、知ったうえで完成版を観て、そのシーンがどういう演出を画面内に与えてくれているのか、それを観るのもウルトラマンの作品の楽しみ方なのかもしれませんね。

 

私は結構作品の裏側は好きなので、この特典があるだけでも満足度が高いです。

 

ただ、毎回思うのは、ノンテロップオープニングとノンテロップエンディングの特典に関してはいらないかなって思ってしまいます。

 

そこまで観たいわけでもないので、これを入れるくらいなら他の特典が良いなって思ってしまいます。

 

この特典が好きな人にはありがたいのかもしれないですけどね。

ウルトラマンルーブ自体の作品話

ウルトラマンルーブは、結構好き嫌いがわかれる作品かもしれないと思っています。このBlu-ray1巻で明かされる事実もありますが、ウルトラマン自体が成長しているのかと言われると、前半ではそこまでそれが見えてきません。

 

その為、いつになく戦闘には負けますし、兄弟げんかもします。ユーモアのあるギャグ回もありますが、シリアス回が際立って見えてこない感じも少ししますが、ニュージェネレーションヒーロー系は全体的に二分されると思います。

redberry072169.hatenablog.com

ウルトラマンオーブのようにすでにウルトラマンとして活躍してきたものが主人公の場合は安定した戦いが見れたり、成長もしていく過程がわかりやすかったりしますが、今回は完全な素人の一般人がウルトラマンにいきなりなってしまいます。

 

その為、戦闘には全然慣れていなく、むしろ下手くそが部分が多く見えてしまいます。ウルトラマンらしくないと言えばそうかもしれないです。

 

ただ、兄弟だからこそのファインプレーが見えたり、特性を活かしあいながら戦っているので、そういう意味では見応えはあるのかなと思っています。

 

二人で一人前くらいなウルトラマン、未熟で、それでいて人間臭さが残っているウルトラマンだからこその親近感が生まれるのではないかと思います。

前半を観て後半を観てみて

前半をBlu-rayで観た後に今のルーブを観ると明らかに顔つきが変わっているのがわかります。

 

役者さんの演技が慣れてきたのもありますが、単純にウルトラマンとしての、ルーブのエレメントの特性を活かした戦い方に磨きが多少なりともかかってきています。

 

その為、前半だけではなく、ある意味一気に観て楽しいウルトラマンかなと私個人的には思っています。