ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー、シンプリスト。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

【購入品】surface proを外で充電することができる「surface Connect」と大容量モバイルバッテリーを買ってみた

f:id:redberry072169:20190414163105j:plain普段使用しているsurfaceproは、ブログを書くのにもイラスト制作にも使用しています。

 

その為、カフェ紹介の時に写真に写してますが、持ち歩いて使用しています。ただ、surface系の弱点は「充電がUSB-Cじゃないこと」です。

 

Macbookを使用される方が多いため、ほとんどの充電ケーブルはUSB-Cが多いのですが、surfaceには使用することができないんです。

 

なので、かなり重たい充電アダプターを持ち歩かないといけない上に、外での充電はできません。

 

そこでなにかいいものはないかなって思っていたら、海外ではUSB-Cに変換するためのケーブルが発売されていることを知りました。

 

ただこれ、日本ではまだ発売されていないらしく店頭に行っても売っていません。しかし、Amazonでなら買うことができるようなので、買ってみました。

surface用変換ケーブル

商品はとても小さくて短いケーブルです。

f:id:redberry072169:20190420164251j:plain

片方にsurface本体にさすための部分があり、反対はtype-Cケーブルを差し込めるようになっています。

 

オス側のものもありますが、私が買ったのはメス側の方です。つまりはこれにtype-Cケーブルを差し込んで、さらに充電ケーブルに差し込むタイプですね。

 

日本発売でもAmazonでクレジットカードを使えば買うことができますので、surfaceを使っていて、外でも充電しながら作業がしたい人は一本持っておくだけでも十分仕事をしてくれます。

対応しているsurfaceシリーズ

「surface proシリーズ」「surface Book」「surface Laptop」「surface GO」に使用することができます。

 

そう考えると今主流になっているsurfaceシリーズなら問題なく使用することができると言えます。

surface Connectの弱点

昔のsurfaceはタブレットとしての側面の方が大きかったのでスマホ等でも使えるモバイルバッテリーでも十分充電ができたのですが、surfaceproやその他のsurfaceはパソコンとしての側面の方が強いため、充電にはそれなりの大容量のモバイルバッテリーが必要になります。

 

私がずっと使っていたモバイルバッテリーは最大でも5Vしかないのでsurface Connectを使うにしても全然条件を満たしません。

 

使用するためには以下の条件が必要です。

  • 12Vか15V以上の出力のあるもの
  • 使いながらの充電には36W以上、45W又は60W

最低でも12V以上の出力がないとそもそも充電ができません。さらに、充電しながらパソコンをするなら45Wはないといけないことになります。

 

一般的に主流になっているモバイルバッテリーは18Wが多く、良くても24~30Wがほとんどです。

 

なので、45W以上となると商品はかなり限られる上に買うにしても1万以上してしまうことが多いです。

 

ただ、今の段階でこの45Wを満たしているのが、私が今回追加で購入したRAV POWERの「RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh 45W PD RP-PB159」というものです。

f:id:redberry072169:20190420170951j:plain

商品は、緑色の高級感のある箱に入っています。

 

一般的なモバイルバッテリーはブリスターに入ってぶら下げて販売できるような箱に入っていることがありますが、これはそういう売り方を前提をしてないものですね。

f:id:redberry072169:20190420171212j:plain

箱を開けるとさらに同じ色の箱が2つ出てきて、ケーブル類と本体に分かれています。

 

2つの箱をそれぞれ開けると、

f:id:redberry072169:20190420171337j:plain

質感の良い布製のケース、ケーブルが2本、本体の計4つが入っていました。本体は結構大きく、かっこいいブラックです。

f:id:redberry072169:20190420171614j:plain

同じメーカーのもともと持っていたモバイルバッテリーと比べても1.3倍くらい今回の商品の方が大きいです。

f:id:redberry072169:20190420171718j:plain

充電してみるとこんな感じで4つの光の点滅で残量を見ることができます。真ん中がインプット箇所で、ここに付属の受電ケーブルをさしてから反対側のUSB部分を手持ちのコンセントへ変換できるものに付けることで充電がされます。

 

本体の充電には基本的にはなんでもコンセントに変換することができればOKのようです。

 

これだけの大容量なモバイルバッテリーなわりには価格は7,500円くらいなので、このレベルの他のバッテリーを買うよりも全然安いと思います。

 

さらに、付属のケーブルはtype-Cケーブルなので、MacBookを使っている方でも十分に充電しながら作業ができます。

surface本体に接続してみる

実際にsurface Connectに付属のtype-Cケーブルをさしてみるとこんな感じです。

f:id:redberry072169:20190420172336j:plain

ケーブル自体がそこそこ長いので、surface Connectが15㎝であっても多少遠くまでは届きそうですね。

 

これを使うことで外でも他のパソコン同様にsurfaceproも充電することができますね。特殊なケーブルなのがネックだったsurfaceシリーズですが、これを買えば外での作業でも充電を気にせず作業ができるのがありがたいです。

www.yurimani.xyz

ブログを書くのにも、イラスト制作にも使っているので、どうしても充電がなくなる手前の段階で自宅に帰って充電しないといけなかったり、わざわざコンセントのあるカフェを探さないといけなかったので一気に作業効率は高くなります。


Surface USB-C充電ドングル PD充電に対応 Surface Pro 6/ Pro 5/ Pro 4/ Pro 3/ Surface Go/Surface Book/Surface Laptop Surface Connect to USB-C 充電ケーブル

 

コンセント付きのsurfacepro充電器

追記:2019年7月28日

 

外出先で使えるsurfaceproの充電器とは別に、場所によって使い分けるようにあえてコンセント付きの充電器も購入しました。

 

純正品の充電器が断線してしまったり、場所によって使い分けをしたい方はこちらの記事もおすすめですよ!

www.yurimani.xyz