ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー、シンプリスト。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

「暗闇で目が悪くなる」は本当なのか?実体験を元に解説します

f:id:redberry072169:20191122223442j:plain

昔から、「暗いところでテレビを観ると目が悪くなる」と言われ続けてきました。

 

確かに私の視力は両目共に0.01レベルですが、果たしてそれが「暗いところで画面を見続けたからなのか」はちょっと怪しいです。

 

私の子供の頃はパソコンなんていうものはなく、スマホももちろんない時代です。

 

我が家にパソコンが来たのはWindows98くらいのことでした。

 

同時にタイプライターもあったので、私はひたすらにタイプライターで文字をうって遊んでいたのを覚えています。

 

ただ、それ以前から目はそこまで良くありませんでした。

 

なので、正直目が悪くなった原因は別にあると思うんですよ。

 

実際に「暗闇で画面を見続けることで目が悪くなるのか」を実体験も考えながら調べてみました。

実体験から考える「暗闇で目が悪くなるのか」問題

f:id:redberry072169:20190728014740j:plain

テレビはもちろんすでにある時代なので、テレビっ子でした。

 

ただ、「暗闇で画面を観ると目が悪くなる」と言われていたので明るいところで観ていました。

 

しかし、視力は落ちました。

 

小学生の時にすでに0.7の視力でしたが、明るい環境でテレビを観ていたのにも関わらずその当時よりも視力は悪くなりました。

 

なので、「暗闇かどうかは視力の低下には関係がない」が私の体感です。

間接照明で生活をするようになってからの視力の変化

ソネングラスを買ってからは部屋の中では明かりはつけず、間接照明だけで生活をするようになりました。

www.yurimani.xyz

ですが、視力検査の結果から言えば、「変化なし」でした。

 

メガネをかけている時の度はちょっとだけ落としてるので目にふ負担がかからないようにしています。

 

逆にコンタクトレンズを付けている時の視力は少し見えるようにしているので0.7~1.0くらいにしています。

 

なので、メガネをかけた状態で視力検査を受けると視力は多少悪いと判定されますが、コンタクトを付けた段階での視力は多少良い判断をされます。

 

その時の状況で変化はするものの、元の視力にはなんの変化もありません。

 

体感としては「暗かろうが視力が悪くなることはほぼない」です。

実際には視力は悪くなるのか、科学的根拠は?

私の体感だけではなんとも言えない部分はあると思うので、実際に悪くなるのかを調べてみると、「暗闇で画面を見ていると目が悪くなるは科学的な根拠がない」そうです。

 

また、画面に関わらず本を読んでいたとしても視力低下に科学的な根拠はないそうです。

 

ただ、全く低下しないということはないそうです。

 

「暗闇で視力が低下するのは画面や本を近くで凝視しようとしてしまうから」のようです。

 

つまり、画面や本から離れて、目を酷使しないようにすれば視力低下はほぼないとみても良さそうですね。

悪くなるなら私の目はどうなってないとおかしい?

もし暗闇で画面を見ることで視力が悪くなるなら私の目は今、生活が困難なレベルまで低下してないとおかしいかなと思います。

 

緩やかに落ちるとしても、もっと悪くなっていないと「暗闇で視力が低下する」という理論(?)は成立しません。

まとめ

私の体感では、暗闇で画面を見ることで視力が低下することはありません。

 

また、科学的根拠の面から見ても「暗闇で画面を見ると視力が低下する」は根拠がないという結果になりました。

 

ただ、全く影響がないとは言えないようで、多少なりともよくないことは確かです。

 

できるだけ画面に近づきすぎないようにすればそこまで悪影響はなさそうですね。