ゆうりの日常

イラストレーターでありブロガーでもあり、シンプリストでもある。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

ついに「ザ・コピーライティング」を購入した、ブロガーにとって必要な本4冊は揃った

f:id:redberry072169:20201027104152p:plain

「ブログ運営は不得意な方」とか言っておきながら、この記事を持って丸3年の歳月が経ちました。

 

来月からは4年目です。

 

相変わらずシンプリストとして生活していますし、常に物と向き合ってきています。

 

その過程で、最近は読書をちゃんと(ほんとにちゃんとね)するようになりました。私の読書タイムは、朝の30分~1時間。

 

それも朝起きてから白湯を飲んでちょっと一息ついた午前9時半から10時半までの間。

 

頭に詰め込んでいるのは朝の天気予報くらいなので、かなりクリアな状態です。

 

この時間に本を読むのが一番集中しているかなって思います。

 

そんな中、本の見直しは再三行ってきていて、いつも見直しの連続です。

 

小説はどうしても買いたいシリーズものだけにしたし、マンガは全部処分しました。結局読めないしね(笑)

 

で、画集とかのイラスト本を手元に置くようになりました。それからビジネス本や自己啓発本なんかも結構読むようになりましたね。

 

ただ、この記事で紹介した本を買ってから、捨てきれずにずっと悩んでいた本がありました。

www.yurimani.xyz

それを今回は断捨離して、新しく一冊の本をお迎えしました。

ブロガーならずとも必読本と言われる「コピーライティングの本」

Webマーケティングをする人でも、コピーライティングを仕事にする人でも、はたまたイラストレーターであっても、文章を学ぶことはとても大事なこと。

 

YouTuberだって、タイトルや説明文は文章です。

 

文章は、絶対になくならないものですし、文章がなくならないということはブログもなくなりません。

 

つまり、文章を学ぶことは全ての職業に通ずるものなのです。

 

ということで、ついに買いましたよ、「ザ・コピーライティング」!!!

f:id:redberry072169:20201026181900j:plain

前々から買いたいと思っていたものの、3,500円は少々高いのでちょっとだけ悩んでいる時期が長くなっちゃいました。

 

でも、たった3,500円で有益な情報が手に入るなら、むしろ安いんじゃないかと思って、思い切って手に取ってレジにGOしました。

 

まだ読み始めて日は浅いですけど、それでも「これは買う価値がある本だ」って思いました。

 

少なくともブロガーとしての私の人生には必要だと思いました。

手放した二冊の本

対して、迷って手放すのを渋っていた本を二冊手放すことにしました。

f:id:redberry072169:20201026182229j:plain

  • ブログ×絵×ブランディング
  • Googleアドセンスマネタイズの教科書

どちらもちゃんと読んで、それなりに役に立った本です。

 

アドセンスの本は、ブログ運営に関しての方法が、結構細かく書かれています。正直読むのはかなり大変ですが、それでも理解できればそれなりにブログ運営には役立ってくれます。

 

ブログを構築する上でも、方向性を示してくれるので、迷った場合は読んでみると良いかもしれません。

 

対して絵を使ったブランディングやブログ運営に関しての本は、絵の描き方がメインなので、絵を使ったブランディングに関してはそこまで触れられていません。

 

ただ、非常に読みやすかったし、「絵をブログに使うとはどういうことなのか」っていうのをしるきっかけにはなりました。

 

どちらもそれなりに良い本だと思いますけど、最近全然読んでなかったのでもう役割は果たしてくれたかなって思います。

 

どちらもブログ運営には役立ってくれました。

ブロガーとして必要は本はこれで揃ったのではないかと確信してる

今現在手元にあるビジネス本、自己啓発本は今回買った本を含めて4冊になりました。

 

今の私の仕事において必要と思う数になれたと思うので、より良い本が出ない限りはここから増えることはないでしょう。

 

つまり、私の中の適正になったということですね。

 

仕事に関係する本は、読まない人の方が多い日本において、自分にとって必要だと思う本と出合え、それを読めている今はすごく幸せだと思います。

 

フリーランスになっていなかったら今の穏やかな人生はなかったでしょう。そういう意味では今の環境に満足しています。

 

本を読むって、時間をとられるし活字を目で追わないといけないので動画よりもハードルは高いです。

 

でもそれを好んでやっている人もいます。読書家の方は年間で数百冊とか数千冊とかを読みます。

 

私は全然足元にも及ばないですけど、それでも自分の好きだと思える本に出合えました。

 

誰でもきっと一冊はこれだって思える本があります。その経った一冊に出会うために、たくさんの失敗を繰り返しながら、是非人生の愛読本を見つけてみてください。

 

きっと、それだけで人生は変わります。

 

私が苦手なブログ運営を続けてこれたのも本を読んで必死に勉強したからです。

 

絶対無駄にはなってないし、プラスで絵を生かすことにもなりました。

 

大変だけど、11月からは時間も増えるので、読書、お絵描き、ブログ執筆を軸に、色んなことをやっていこうと思います。

たった4冊でブロガーは収入があげられる

ブロガーにとって、書くことは大事ですが、収入を上げるのも大事なことです。

 

収入を上げるためには勉強しないといけないことはたくさんあります。

 

世の中には、ブログで生計を立てている人がたくさんいて、その人たちのノウハウを勉強するのはとても大事ですが、同じことをしても稼ぐことは難しいでしょう。

 

というのも、人それぞれ、運営しているブログが違えば、読者層も違うからです。

 

でも文章を勉強するのは、ブログを書く上での一番の土台となるので、そういうものはどんどんと成功者の方法を真似ていっていいんです。

 

私が長年ブログを運営してきて、その中で今回買ったザ・コピーライティングの本を含めた4冊を買っておけば、必要なことはほぼ揃う、という部分までたどり着きました。

ザ・コピーライティング

f:id:redberry072169:20201026181900j:plain

実際に買ってから読み続けていますけど、効果があったコピーとそれほど効果がなかったコピーの例がたくさんありつつコピーを書くうえで大事なことなどもすべてこの本に書かれていました。

 

これ一冊だけで、ブログにとって最も大事な「見出しの付け方やタイトルの付け方」は勉強できます。

STEAL LIKE AN ARTISTクリエイティブの授業

f:id:redberry072169:20200726162736j:plain

ブログとは本質的には関係がないですが、クリエイティブに物事を考える、という点においては役に立ちました。

 

私はブログだけでなく絵にもこの本に書かれていることを実践しました。何から勉強したらいいのかわからないっていう人は、まずこの本を読んで、どういうものから良い意味でパクってくれば良いのかを学ぶと良いと思います。

10分あったら、どう考える?

f:id:redberry072169:20200827113431j:plain

この本は実際にコピーライターとして活躍されている著者が実勢したアイデアが出てくる方法がまとめられています。

 

物を見て、どう考え、どういう視点でいじれば新しいアイデアになるのかを短めの文章と簡単なイラストで紹介しています。

 

10分という短い時間を本のタイトルにしている点でも、コピーの力が使われていて、それを私がパッと見たときにやはり手に取ってしまったので、うまいと思わされました。

 

ブログは色んなアイデアを文章にまとめて発信するモノなので、物の見方を勉強するのに役立つ本です。

ブログ飯

f:id:redberry072169:20201027102622j:plain

「ブロガーならまずこれは読みなさい」と、私がブログを始めた3年前には色んなブログ記事で紹介されていた本です。

 

中には、「実践しても生活するまでには至らないからダメ」って言っている人もいますけど、読んで正解だったと思います。

 

実際に稼げているかどうかは置いておいて、少なくともブログを継続する上でのモチベーションにはなりました。

 

それに、これを読んでから書いた記事は、一時ずっと上位にいて、そこからたくさんの方が商品を手に取ってくれたので、少なくとも効果はあったと思います。

 

本の9割は文章で、イラストや写真はほとんど出てきませんが、それでもイメージが簡単にできるようにな書き方になっているので、スッと入ってきて、読めちゃいます。

 

私がこの本を書店で見つけたのは結構奇跡に近いレベルでした。結構古い本なので。

 

ネットで買うのが一番手っ取り早いかと(笑)

まとめ

今まで手にした本はたくさんありましたけど、どれもそれなりに為になっています。

 

でも、結局手元に置いておきたいなって思わされた本って少ないんですよね。

 

最終的に今の時点で残っているこれらの本は、私が何回でも読みたいと思ったり、つまずいた時に開くとヒントが隠れていたものたちなので、決して損はしないと思います。