ゆうりの日常

イラストレーターでありブロガーでもあり、シンプリストでもある。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

投稿した絵にいいねが付かないのは、SNSが原因じゃないかもしれない

f:id:redberry072169:20210501123052j:plain

つい最近、Twitterのスペース機能で絵師さんのお悩み相談の配信にお邪魔しました。

 

2つほど相談させていただいたのですが、厳しいながらも愛のある言葉をいただくことができました。

 

その相談の中で、私は自分の絵に絶対的な自信があるのに、無意識のうちにいいね数が気になっているっていうことに気づかされました。

 

自分では意識していなかった部分なので、いわれてみればって思ったんですけど、その中でハッとする話を聴くことができました。

いいねがもらえないのはSNSのせいじゃない

私は前にいいねがもらえないのはSNSのユーザーにマッチしてないからかもしれないという記事を書きました。

www.yurimani.xyz

もちろんこれも一つの考え方だと思います。

 

これ自体は間違ってないです。

 

が、その他にももう一つ理由がありました。

 

それは、

 

SNS自体に絵がマッチしてないから

 

です。

 

SNSにアップしてある程度のいいね数をもらうためには、SNSにマッチした絵を投稿するしかないんです。

 

その中で自分がどっちを選ぶかです。

私の選ぶ選択

私は媚びを売るような絵は描きたくありません。

 

SNSでいいねがもらえるだけなら私にとっては不要だという判断をしました。

 

私は自分を捻じ曲げてまでSNSでいいねが欲しいわけではありません。

 

絵で仕事をしていきたいんです。そして今大きな一歩を踏み出している最中です。

 

その中で、SNSで100いいねがもらえる絵が真逆の絵ならば私はいりません。私にとってはそれは宿題ではありません。

 

なので私は自分の絵を貫きます。

拡散という意味ではSNSは強い

拡散させるためにはSNSは非常に強いプラットフォームです。今の時代はSNSあってナンボです。

 

なので、一般的にはSNSでバズる絵を描く方を選択した方が良いんだと思います。

 

でも私はそれが嫌。

 

少なくても絵をアップしたら十数いいねとか良ければ30いいね以上はいきます。リツイートも2つ3つくらいはつきます。

 

私の今の絵でそれだけの数がもらえるなら十分です。

 

無意識に数字にこだわっていた部分を、完全にやめました。もらえるだけありがたいと思うようにして、それ以上は求めないことにしました。

 

絵が好きな気持ちは誰にも負けません。それは今活躍している有名な絵師さんにも負けるつもりはありません。

 

続けていれば必ず報われる瞬間はあります。現に海外進出の話をいただけたのは今の絵柄があったからですから。

 

なので、自分の絵を信じてこれからも突っ走っていくつもりです。

どっちの選択をするかは自由

自分の絵にこだわって描き続ける私と同じ選択をするのか、それともSNS映えするような絵を描くようにシフトチェンジするのかは、描く絵師の自由です。

 

どっちの選択をしても良いと思います。

 

私は今の絵柄があったからこそもらえた仕事もあるので、継続して今の絵を描きます。

 

いいねが欲しい、評価されたいと思うのであればSNS映えする絵を描くのが効率的でしょうね。

 

どっちを選んでも、たのしんで絵を描くことだけは続けてほしいと思います。

 

無理して映える絵を描き続けて、自分が苦しかったり悩むくらいなら映えなんて選ばなくてもいいでしょうね。