ゆうりの日常

イラストレーターでありブロガーでもあり、シンプリストでもある。ちびキャラ記事、シンプル生活の記事、商品レビュー、イベントレポートを中心に記事を執筆中

毎日絵と動画のことを考えているのが楽しかったりする

f:id:redberry072169:20210216110823j:plain

私は今、新しく始める仕事のことでzoomで打ち合わせを繰り返しながら絵を描いたり動画のことを考えたりしています。

www.yurimani.xyz

毎日絵と動画のことを頭の中でぐるぐるさせているのは、すごく充実していて、それだけを考えればいいのでメモリがショートすることがありません。

 

たまに、悩みすぎてパンクするけど。。

目的が明確な分、進みやすい道

漠然と仕事が舞い込んでいるのを待ちながら毎日絵を描いているのは、すごく楽しいです。

 

今は新しい仕事の為にも時間を使えるので、仕事を待たなくても良い分、それもそれですごく楽しいし、楽です。

 

元々マルチタスクな人間なので、一つのことに集中することができません。

 

注意散漫なので、気になったらすぐにフラフラと流れてしまいます。

 

時間を明確に区切って作業をするのが苦手なので、スケジュールはガラガラにしていました。

 

でも、自分が無理して働かなくてもいいくらいの量に抑えているので、忙しいと言えば忙しいし、暇と言えば暇、みたいな状態です。

 

一日完全にオフにするというよりは、仕事とプライベートが良い感じに混ざったような状態、それが一番合っているスタンスなんですよね。

 

ブログは、合間合間で書きたいことを区切って書いているような状態なので、作業内容にほぼ入れていません(笑)

ブログ更新は日常茶飯事

絵に関しては、完全に趣味が派生しただけですが、ブログに関しては明確に仕事として始めたので違いがあります。

 

私の中では温度差があるんですよね。

 

とはいえ、「仕事」と自分に言い聞かせてしまうと潰れてしまうので、あくまで習慣としてやっています。

 

日常茶飯事なんですよね、もはや。

 

なので、ブログへのスタンスは一切変えません(笑)

 

このまま書き続けます。

映像研的な創作スタイルが理想だったけど、無理だったよね

映像研には手を出すな!って作品知ってますか?

 

女子校生3人がアニメ制作に熱意を燃やして、部活として以上に創作に向かい合っていく様を描いた作品ですよね。

 

この作品で描かれているキャラクターの一人である浅草氏は、とにかくスイッチが入ると一気に描くけど、切れると何も描けなくなってしまうっていう極端な創作脳を持っているキャラクターなのです。

 

あの「スイッチが入ったらどこまでも描き続けられる」っていうスキルを持ちたかったなって、観てて思います。

 

実際には全然できないし、そんなスキルないけど(笑)

 

それにアイデアが出たときにはかなり壮大な世界観を作り上げることができるっていうあのスキルも欲しいですね(笑)

 

あれだけのものを一気に考えられて、それをラフスケッチで描くことができたら、今よりももっと描くことが楽しいのになって思います。

 

ないものねだりです(笑)

ざっくりした予定だけ立ててみることに

とりあえず、まずはざっくりとした一日のスケジュールをガラガラにしながら書き出してみるところから始めようかなと思います。

 

フリーランスは自分で予定を決められてしまうので、ダラダラしてしまうのはよくない。

 

メリハリはありつつ、それがプライベートと良い感じに混ざっているような状態にしておけば、多少は仕事を進めることができるんじゃないかと思っています。

 

習慣にするのは非常に難しいけど、習慣にできれば強いかもしれないので、前日に次の日にやりたいなってこととか、これだけはやるっていうことを決めておこうと思います。

 

こういうのも考えてるときには楽しいんですよね(笑)